サプリメントの効果の秘密。

身体のキモを守る

1

心底ビックリしたときに、「キモをつぶす」なんていう表現をすることがあります。身体の一番大事な部分でさえつぶされてしまうほどの驚きに襲われた、という意味がそこには込められています。
この表現を比喩的なものだと思っている人は多いでしょうが、実際に、身体のキモと言われる部分は存在しています。人が人の身体を維持していくために、必要不可欠な部分。
その名は肝臓。「沈黙の臓器」という異名を持つほど物静かで、めったに自己主張をすることはありませんが、不平不満を言わず、もくもくと必要な仕事をこなすその姿は、まさしく大物級です。
とはいえ、不平不満を言わない、寡黙である、ということが、必ずしもこの臓器の傷つきにくさを意味しているわけではありません。
より正確な言い方をするなら、肝臓はダメージを受けてもなかなか人に伝えてくれないのです。
だから、私たちは「頼もしいやつだな。身体のことは任せたぜ」という態度ではなく、「今日はあいつ、大丈夫だろうか」という態度をとるべきなのです。
気にかけておくべきなのです。特に、肝臓に負担をかけるようなことを日常的にしている人は。

■肝臓の働きと負担
肝臓の主な働きは、身体が食事などで取り入れるさまざまな栄養素を組み合わせ、身体が必要とする形にすること。この昨日は「代謝作用」と呼ばれています。
せっかく身体に取り入れられた栄養素も、代謝作用を経て身体の各所に送り出されなければ意味がありません。肝臓にしっかりと働いてもらってこそ、健康な生活は成り立つのです。
ところで、そんな大切な機能を持つ肝臓は丈夫な臓器として知られてはいますが、時に私たちはこの臓器の許容レベルを超えた負担を強いてしまうことがあります。ちょっとばかりきこしめし過ぎたとき……つまり、アルコールを取り入れすぎたときです。
アルコールも、肝臓の代謝作用によって身体にとって有益な水や酢酸になりますが、代謝作用が追いつかないような量のお酒を日常的に飲んでいる人の肝臓は、仕事をうまくこなすことが出来なくなってしまうのです。

■サプリを使いながら
「最近、肝臓には苦労をかけているなあ」とお腹をさすっている人たちのために、肝機能を取り戻し、ダメージを受けた部分を修復する働きをする成分を含んだサプリメントが販売されています。
とはいえ、サプリの比較サイトなどを見て「効果アリ!」とされるものを見つけたら、それだけで肝臓について安心できるというわけではありません。
本当に身体の健康を考えるのであれば、サプリを飲みながら、もう一度、自分の生活習慣を見直してみるべきなのです。

オススメリンク

手に乗った錠剤

ニンニクと梅

肝臓のことを気にかけ、身体のキモを健康に保ちたいと考えている人のために存在しているサプリには、さまざまな有効成…Read more
肝臓のサプリを飲む女性

シジミの有効成分

お酒を飲んで良い気分……いや、いささか良い気分になり過ぎたかというとき、最後のシメとしてシジミの味噌汁を飲むと…Read more
いろんな種類の錠剤

肝機能を助ける

お酒が大好き。あるいは、お酒の付き合いが多い。そんな人は、サプリをのむことを習慣にすると、身体のキモを守ること…Read more
さまざまなタイプのサプリメント

信号をキャッチ

肝臓は、何しろ物言わぬ臓器、沈黙の臓器という異名を持っていて、ギリギリまで音を上げずに頑張り、機能が追いつかな…Read more
サプリメントを飲もうとしている女性

飲みすぎは毒

夏はグイッとビールを引っかけ、しみいるようなウマさに思わず「クーッ」と声を上げる。冬になれば暖かい部屋でこたつ…Read more

関連リンク